« 「原発フィクサー」訴訟次回裁判期日は5月27日(月)13時30分 | トップページ | メールマガジン「原発フィクサー」訴訟の会ニュース第4号(2013年4月17日号)配信しました »

2013年4月17日 (水)

『週刊金曜日』2013年3月29日号に「原発フィクサー」訴訟の記事が掲載されました

『週刊金曜日』2013年3月29日号に「原発フィクサー」訴訟の記事が掲載されました。

原発スラップ訴訟第7回口頭弁論 

豊かな東電人生紹介

東京電力福島事務所長としてプルサーマル導入を働きかけ、立地部長時代は原発施設の建設業務に携わり、退職すると東電子会社の東京リビングサービス社(当時、東京リ社)社長、そして原発警備会社ニューテック監査役。報酬は、東電社員時代が推定1000万円から2000万円。退職金数千万円。子会社社長時代は2000万円は下らないと思われる。ニューテック時代の報酬は不明。

 ――これは東電元幹部社員・小菅啓嗣氏の経歴である。原発事故によって多くの人が職を失うなか、こうした豊かな東電人生もある。

 本誌掲載の記事をめぐり、「大物フィクサー」などの表現が名誉毀損にあたるとしてニューテック会長・白川司郎氏がジャーナリストの田中稔氏を訴えた訴訟の第七回口頭弁論が3月25日、東京地裁(吉田徹裁判長)であり、田中氏側の反論が行なわれた。小菅氏はその中で登場する。

 小菅氏が東京リ社の社長を務めたのが1999年から2005年。同社の設立目的は「厚生施設、社宅」などの運営管理のほか、「労働者派遣」や「警備業」など多数。取引先は東電関連とみられ、原発への労働者派遣や原発警備を行なっている可能性は否定できない。

 2010年5月、小菅氏は白川氏が実質経営するニューテックの監査役となる。同社が原発警備を行なっていることは青森県作成の資料にも明らかだ。核燃料サイクル施設の「関連業務」を行なう会社として紹介されている。ニューテックはまた、東電、青森県、むつ市が共同出資した原発警備会社「六ヶ所原燃警備」を設立、日本原燃から受注している。

 小菅氏の周辺には「原発利権」が漂っているようにみえるのだが、白川氏側は「(東京リ社は)福利厚生サービスを行なう子会社にすぎない」と「原発利権」説を否定。なお小菅氏は提訴直後の昨年6月にニューテック監査役を辞任した。

 次回の口頭弁論は5月27日午後1時半、東京地裁615号法廷。(ジャーナリスト・三宅勝久)=週刊金曜日2013年3月29日号に掲載。

« 「原発フィクサー」訴訟次回裁判期日は5月27日(月)13時30分 | トップページ | メールマガジン「原発フィクサー」訴訟の会ニュース第4号(2013年4月17日号)配信しました »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1731228/51270416

この記事へのトラックバック一覧です: 『週刊金曜日』2013年3月29日号に「原発フィクサー」訴訟の記事が掲載されました:

« 「原発フィクサー」訴訟次回裁判期日は5月27日(月)13時30分 | トップページ | メールマガジン「原発フィクサー」訴訟の会ニュース第4号(2013年4月17日号)配信しました »

無料ブログはココログ