« 『週刊金曜日』(2012年6月22日号)に米国のSLAPP(恫喝訴訟)対策法に関する米国の記事(英訳あり English Translation) | トップページ | 「原告はなぜ「利権フィクサー」と呼ばれるのか」被告第一準備書面(田中稔・2012年5月7日)(英訳あり English Translation) »

2012年7月30日 (月)

『週刊金曜日』(2012年7月13日号)に「原発フィクサー」訴訟の記事(英訳あり English Translation)

『週刊金曜日』(2012年7月13日号)に「原発フィクサー」訴訟の記事が掲載されました。筆者は、本会の世話人でもあるジャーナリストの三宅勝久さん。

「原発フィクサー」裁判
田中記者側が反撃開始

 原発警備会社ニューテック社元経営者・白川司郎氏がジャーナリスト田中稔氏に対して起こした名誉毀損訴訟の第二回口頭弁論が、七月八日、東京地裁(吉田徹裁判長)であり、田中氏側の反撃が本格的に始まった。
 田中氏が陳述した準備書面によれば、白川氏は東京電力の荒木浩元会長や勝俣恒久前会長、仙谷由人民主党政調会長代行らと交流があり、原発警備やリース、建築など複数の原発関連企業を経営。過去には暴力団に出版妨害を依頼したり、土地転がしで得た巨利の一部を政治家に流すなどの疑惑が報じられたこともあったという。
 また、白川氏と縁の深いニューテック社に西松建設が四〇億円を「融資した」。正確な時期は不明だが、同社は二〇一〇年五月、白川氏が住んでいる東京都渋谷区の豪邸(日本テクサ名義)に四〇億円の担保を設定。担保は、設定から一年足らず後の昨年五月半ばに抹消。返済したことになっている。
 登記簿謄本によれば、昨年一〇月、同じ担保を使ってニューテック社は新銀行東京から七億円の融資を受け、二カ月後に返済。今年一月、今度はりそな銀行から同様の方法で、四億円の融資を受けた。担保の豪邸には〇五年に東京都民銀行が極度額十九億円の根抵当権をつけたが、今年一月、金額を十億円に変更する登記がなされた。
 次回弁論は九月三日午前一〇時四五分、東京地裁六一五号法廷で開かれる予定。
三宅勝久・ジャーナリスト

『週刊金曜日』(2012713日号)に「原発フィクサー」訴訟の記事

Article on “Nuclear Fixer” Suit in July 13 issue “Kinyobi”

“Nuclear (industry) Fixer” Lawsuit

Reporter Tanaka side starts to strike back

The second oral proceeding of the libel case was held at the Tokyo District Court (presiding judge: Toru Yoshida) on July 8, in which Mr. Tanaka’s side started its counteroffensive in full swing. The case was filed by the nuclear security company New Tech’s former top executive, Shiro Shirakawa. 

The brief stated by Mr. Tanaka reads that Mr. Shirakawa has connections with key figures of nuclear businesses, such as Hiroshi Arakawa of former chairman of TEPCO, Tsunehisa Katsumata of immediate past chairman of TEPCO, and Yoshito Sengoku of DPJ’s Policy Research Council acting chairman. Mr. Shirakawa himself operates multiple nuclear-related corporations that offer security service for nuclear plants, leasing, and construction business. In the past he was reported to be suspected of asking gangsters to put pressure on publishing, as well as diverting to politicians part of huge profits gained by land transactions.

Furthermore, Nishimatsu Construction “gave a loan” to New Tech which is deeply connected to Mr. Shirakawa. The exact date is unknown, but in May 2010, New Tech put up a mansion as 4 billion yen collateral. The mansion in Shibuya ward is where Mr. Shirakawa resides (nominal owner, Nippon Texa.) Only in less than a year, however, the collateral was cancelled in middle of last May. Allegedly the loan had been cleared.

According to the registration certificate, the company New Tech received a loan of 700M yen from Shinginko Tokyo bank last October with the same collateral and paid back in two months. And in January this year, the company obtained a 400 M yen loan from Resona bank using the same method. The mansion that was put up as collateral was assigned a revolving mortgage of maximum amount, 1.9B yen, by Tokyo Tomin Bank in 2005, but the maximum amount was altered to 1B yen in January this year. 
 

The next proceeding is scheduled on September 3 starting at 10:45 am in the Tokyo District Court room No. 615.

Katsuhisa Miyake, journalist

 

« 『週刊金曜日』(2012年6月22日号)に米国のSLAPP(恫喝訴訟)対策法に関する米国の記事(英訳あり English Translation) | トップページ | 「原告はなぜ「利権フィクサー」と呼ばれるのか」被告第一準備書面(田中稔・2012年5月7日)(英訳あり English Translation) »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1731228/46519707

この記事へのトラックバック一覧です: 『週刊金曜日』(2012年7月13日号)に「原発フィクサー」訴訟の記事(英訳あり English Translation):

« 『週刊金曜日』(2012年6月22日号)に米国のSLAPP(恫喝訴訟)対策法に関する米国の記事(英訳あり English Translation) | トップページ | 「原告はなぜ「利権フィクサー」と呼ばれるのか」被告第一準備書面(田中稔・2012年5月7日)(英訳あり English Translation) »

無料ブログはココログ