« 『週刊金曜日』(2012年5月11日号)に「原発フィクサー」訴訟の記事(英訳あり English Translation) | トップページ | 『週刊金曜日』(2012年6月22日号)に米国のSLAPP(恫喝訴訟)対策法に関する米国の記事(英訳あり English Translation) »

2012年7月18日 (水)

『週刊金曜日』(2012年5月25日号)に「原発フィクサー」訴訟の記事(英訳あり English Translation)

『週刊金曜日』(2012年5月25日号)「金曜アンテナ」に三宅勝久さん(ジャーナリスト)による「原発フィクサー」訴訟の記事が掲載されました。

スラップ訴訟で集会開かれる
田中稔氏を支援
「幸福の科学」「武富士」「オリコン」「読売新聞」「平沢勝栄氏」「白川司郎氏」――。出版社や執筆者相手に何千万円、何億円もの損害賠償請求を起こす、いわゆる「恫喝訴訟」「スラップ(イギリス語でSLAPP)」と呼ばれる手口で批判封じ込めを図った者たちの、これらは一例である。
 この「恫喝」の手口が最近、“進化”していることが五月一六日、参議院議員会館での集会で明らかにされた。集会は原発警備業ニューテック元代表取締役・白川司郎氏の記事を本紙に書き、同氏から六七〇〇万円の損害賠償請求訴訟を起こされた田中稔氏を支援するために開かれた。
 雑誌の電話取材に答えただけでオリコンから五〇〇〇万円の損害賠償請求訴訟を起こされ、実質勝訴したジャーナリスト烏賀陽弘道氏の報告によれば、①千葉のマンション建設に反対する住民に対して開発業者が高額訴訟を提起、②新銀行東京の内部告発を行った元行員を同行が提訴、③中国電力上関原発の工事に抗議したカヤック乗りを同社が提訴――などの訴訟型恫喝事件が発生。被告となった市民は精神的・経済的に大きな負担を強いられてきたという。
 また、沖縄・高江のヘリパッド建設に抗議した市民に対しては国(沖縄防衛局)が通行妨害の禁止を求めて提訴。民間だけでなく国も国民に対して「スラップ」を使い始めた実態が指摘された。
 まさに<モノ言えばフトコロ寒し>の時代到来だが、集会には白川氏から提訴されている『FACTA』の宮嶋巌hんしゅうにん、武富士から恫喝訴訟などの嫌がらせを受けたジャーナリストの山岡俊介・寺澤有両氏が駆けつけ「書き続ける」「反訴する」といった撃退法を助言した。会場からは口封じを請け負う弁護士への批判も出た。
 白川氏の代理人弁護士は元検事の土屋東一氏。筆者は「なぜ版元の金曜日を訴えなかったのか」「着手金はいくらか」などの質問を行ったが、回答期限の一四日までに返答はなかった。
「原発“大物フィクサー”」裁判の次回弁論は七月九日一〇時半から東京地裁六一五法廷で開かれる。
三宅勝久・ジャーナリスト

tri“Nuclear (industry) fixer” lawsuit article published in the weekly “Shukan Kinyobi” (May 25, 2012 issue)
Journalist Katsuhisa Miyake’s article about “Nuclear Fixer” lawsuit was published in the weekly magazine, “Shukan Kinyoubi (Weekly Magazine Friday)” issued on May 25, 2012.
A meeting on the SLAPP case was held on May 16 at the Members’ Office Building of the House of Councilors to support journalist Minoru Tanaka.
“Kofuku-no-Kagaku (religious group), “Takefuji”(consumer financing firm), “Oricon”(Japanese corporate group in music industry), “The Yomiuri Shimbun”(daily newspaper), “Katsuei Hirasawa (LDP’s lawmaker)”, and “Shiro Shirakawa”. They are among those that brought actions for damages in several ten million, even thousands of million yen against publishers and writers; those who resorted to a scheme, so called “blackmail suit” or “SLPP,” in a bit to stifle criticism against them.
It was revealed at the meeting that such a scheme of “extortion” has recently evolved.  Here are three recent typical SLAPP cases reported by journalist Hiromichi Torigai.  He practically won the 50 million yen lawsuit for damages filed by Oricon that claimed compensation from Torigai who only answered to a phone interview by a magazine.
1) A developer of an apartment building in Chiba prefecture filed a hefty lawsuit against opposing local residents; 2) Shinginkou Tokyo (bank) sued its former employee who blew the whistle; 3) Chugoku Electric Co. filed a lawsuit against a person who protested on kayak over the construction of Kaminoseki nuclear power plant.
"Citizens who had become defendants had to bear huge burden of money as well as emotional burden," said Torigai.
It was also pointed out at the meeting that not only private companies but the State of Japan has come to use SLAPP against Japanese citizens: Okinawa Defense Bureau brought a lawsuit against citizens who staged a protest over Takae Helipad construction in Okinawa. It was intended to prohibit passage obstruction.
All these examples suggest the arrival of the age when free speech costs a lot. The journalists, however, advised to fight off by "writing continuously" and "counterclaiming." Iwao Miyajima, editor of "FACTA", sued by Shirakawa; Shunsuke Yamaoka and Yu Terasawa, journalists who were the targets of Takefuji SLAPP, came to the meeting despite their busy schedule to share their experience. Criticism against attorneys who work for silencing critics was also voiced from the floor.
The attorney for Shirakawa is a former prosecutor, Hidekazu Tsuchiya. I hurled questions at him: "Why didn't you sue Kinyobi, the publisher?" "How much was the money paid for undertaking?" No reply had been returned by the due date of 14.
The next hearing of "nuclear giant fixer" will take place in Room No. 615 of Tokyo District Court from 10:30 on July 9.
Katsuhisa Miyake (journalist)

« 『週刊金曜日』(2012年5月11日号)に「原発フィクサー」訴訟の記事(英訳あり English Translation) | トップページ | 『週刊金曜日』(2012年6月22日号)に米国のSLAPP(恫喝訴訟)対策法に関する米国の記事(英訳あり English Translation) »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1731228/46371903

この記事へのトラックバック一覧です: 『週刊金曜日』(2012年5月25日号)に「原発フィクサー」訴訟の記事(英訳あり English Translation):

« 『週刊金曜日』(2012年5月11日号)に「原発フィクサー」訴訟の記事(英訳あり English Translation) | トップページ | 『週刊金曜日』(2012年6月22日号)に米国のSLAPP(恫喝訴訟)対策法に関する米国の記事(英訳あり English Translation) »

無料ブログはココログ