« 8・7「原発フィクサー」訴訟ミニ報告集会in阿佐ヶ谷(英訳あり English Translation) | トップページ | 『週刊金曜日』(2012年5月25日号)に「原発フィクサー」訴訟の記事(英訳あり English Translation) »

2012年7月18日 (水)

『週刊金曜日』(2012年5月11日号)に「原発フィクサー」訴訟の記事(英訳あり English Translation)

『週刊金曜日』(2012年5月11日号)に三宅勝久さん(ジャーナリスト)による「原発フィクサー」訴訟の記事が掲載されました。

http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=1988

本誌ではなく執筆者を狙い撃ち――白川氏が「名誉毀損」訴え
2012 年 5 月 21 日  1:25 PM

「スクープ『最後の大物●●●●●』白川司郎氏/東電原発●●に食い込む」。遠くない将来、こんな墨塗りだらけの記事を目にする時代がくる――そんな予感を抱かせる事件が起きた。

 本誌昨年一二月一六日号掲載の田中稔氏(ジャーナリスト・『社会新報』編集次長)執筆による記事が訴えられた。墨塗り部分には「フィクサー」「利権」という言葉が入る。これに白川司郎氏が「名誉毀損だ」とかみついてきたのだ。

 白川氏は田中氏に対し、損害賠償金五〇〇〇万円と弁護士費用七五〇万円、および『朝日新聞』『毎日新聞』『読売新聞』の各朝刊に謝罪広告の掲載を要求。広告料金を含めて請求総額は実質六七〇〇万円に達する。

〈「フィクサー」とは(中略)「事件の調停やもみ消しをして報酬を得る黒幕的人物」とされ(中略)原告(白川氏)の社会的評価を低下させるものであり、原告に対する名誉毀損行為である〉

〈原告は、当該(原発)利権なるものに関与した事実はない〉

 訴状で白川氏は主張する。

 だが不思議なことに記事を掲載した『週刊金曜日』は被告にしていない。田中氏は富豪ではないので、かりに白川氏が全面勝訴したとしても支払う金はない。この奇妙な行動に裁判を起こした本当の意図が透けて見える。

「原発関連事業により巨額の利益を享受してきた者による、ジャーナリスト個人に対する明白な“原発スラップ(恫喝訴訟・SLAPP)”である」

 五月七日、東京地裁(吉田徹裁判長)で開かれた第一回口頭弁論で田中氏はこう述べた。

 田中氏の代理人は芳永克彦弁護士。武富士会長に盗聴され、同社から名誉毀損訴訟を起こされたジャーナリスト山岡俊介氏の弁護をして勝訴した経験を持つ。白川氏の代理人は元東京地検検事の土屋東一氏だ。当日の法廷に土屋氏の姿はなく、訴状に記載のない上松信雄弁護士がいた。しかも、その上松氏は健康問題で代理人を続けられるか不明だという。拍子抜けする幕開けだった。

 あるいは土屋氏にとってはもう仕事が終わっているのか。真意を確かめるべく土屋氏に質問状を送った。なぜ裁判に出てこないのか。なぜ『週刊金曜日』を訴えなかったのか――。回答が待ち遠しい。

(三宅勝久・ジャーナリスト、5月11日号)

"Nuclear fixer" lawsuit article ran in the weekly "Shukan Kinyobi"(May 11, 2012 issue)
May 11 issue of "Kinyobi" published Miyake's (journalist) article on "nuclear fixer" lawsuit.
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=1988
Targeting not the weekly magazine but the writer; Shirakawa filed a libel suit. May 21, 2012, 1:25 pm
"Scoop:  'last big fish in ---- Shiro Shirakawa/ made inroads into ----- of TEPCO nuclear plant" ―Not so far into the future, times will come when we come across this type of article full of blanks. This is a hunch we get from the event that happened recently. 
An article appeared last year in the December 16 issue of “Kinyobi” written by Minoru Tanaka (journalist/ associate managing editor of “Shakai Shimpo”) got sued. The blanks were filled with words “fixer” and “concession”, which was the reason Shiro Shirakawa attacked Tanaka saying he “committed libel.”
Shirakawa demanded Tanaka 50M yen in damages and 7.5M yen of attorney fee as well as apology ads in morning editions of three major papers: “Asahi Shimbun”, “Mainichi Shimbun”, and “Yomiuri Shimbun.” The total amount demanded was 67M yen including the ad payment.
〈”Fixer” is .......... said to be “a behind-the-scenes person who gets paid by mediating or covering up cases”  …….It decreases social valuation of the plaintiff (Shirakawa) and is a libel behavior against the plaintiff〉
〈The plaintiff never was involved in the concession in question (nuclear plants)〉
So claims Shirakawa in the suit.
Shirakawa, oddly enough, though, did not target in the complaint “Kinyobi,” the publisher of the article.  Tanaka is not a billionaire. He is not capable of paying the compensation even if Shirakawa wins a complete victory. It is easy to see from such strange behavior his true intention of starting the lawsuit .
“This is clearly a “nuclear (industry) SLAPP (lawsuit of intimidation) against individual journalist, by a person who has enjoyed huge amount of benefit from nuclear related businesses,” said Tanaka on May 7 in the first oral argument held in the Tokyo District Court (presided by Toru Yoshida.)
The attorney for Tanaka is lawyer Katsuhiko Yoshinaga. He has an experience of winning a case in which he defended Shunsuke Yamaoka, a journalist who was wiretapped by the chairman of Takefuji (consumer finance company) and was sued for libel by the company.
On the other hand, the attorney for Shirakawa is a former persecutor of the Tokyo District Public Prosecutor’s Office, Toichi Tsuchiya, who did not appear in the court that day. Instead, attorney Nobuo Uematsu, whose name was not on the bill of complaint, was present. Furthermore, it is said that Uematsu, due to his health problem, is not certain whether he could continue to serve as Shirakawa’s attorney.  We almost lost our sprit at day 1 of the hearing.
Or, is it that Tsuchiya considers that his job has already finished? To find his true intention, I sent him a letter of inquiry. Why didn’t you attend the hearing? Why didn’t you sue the weekly “Kinyobi?” ―I cannot wait to see his reply.
(Katsuhisa Miyake, journalist   May 11 issue)

« 8・7「原発フィクサー」訴訟ミニ報告集会in阿佐ヶ谷(英訳あり English Translation) | トップページ | 『週刊金曜日』(2012年5月25日号)に「原発フィクサー」訴訟の記事(英訳あり English Translation) »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1731228/46371658

この記事へのトラックバック一覧です: 『週刊金曜日』(2012年5月11日号)に「原発フィクサー」訴訟の記事(英訳あり English Translation):

« 8・7「原発フィクサー」訴訟ミニ報告集会in阿佐ヶ谷(英訳あり English Translation) | トップページ | 『週刊金曜日』(2012年5月25日号)に「原発フィクサー」訴訟の記事(英訳あり English Translation) »

無料ブログはココログ